TAMIYA TA05

とりあえず自作マシン(と言うか妙なマシン)を作っていく中で比較対照となるノーマルで素性の良いマシンが欲しかったと言うこととドリフト遊びなんかもしたいな~ということで田宮の新作ミドルクラスTA-05に白羽の矢が立ちました。

このボディはさしあたって購入した塗装済みの物、近いうちに田宮レガシィ等に載せ換える予定です。

TA05

TA05

TA05

●オプション類
フルチタンビス、アルミターンバックル、カーボン混入の強化バスタブ、TRFダンパー、カーボンダンパーマウント、リバーシブルサスセット、アルミバルクや、アルミモーターマウント、等。
ほぼフルオプション。

とにかく買って運動性が鈍いと感じたらまずは強化バスタブがお奨め。かなり動きがシャキッとします。

アルミサスブラケットはフロントから1B、XC、XD、1Bの組み合わせ。フロントサスシャフトは前開き、リヤサスシャフトは後ろ開きのセット。
某雑誌に載っていた田宮GP推奨セットです(笑)

フロントサスブラケットのリヤ側に2mm、リヤサスブラケットのフロント側に1mmのスペーサーを入れ、スキッドを儲けています。

スパー、ピニオンはタミグラを意識していないので、ゼノンレーシングのライトウェイトタイプ。高価ですが良くできてます。
●注意点
TA05バスタブ仕様は特殊なステアリングサーボの取り付け方をしているのでサーボによっては注意が必要です。
固定穴が丸や楕円の物は問題ありませんが、サンワのERG系のようにΩ型の固定穴の物は右側の固定穴をエポキシパテ等で補強しておかないと高確率で破損します(汗)

●一応セッティングデータ
フロントダンパー
ステー取り付け位置=内側から1個目
サスアーム取り付け位置=2穴側の外側
フッ素コートTRFダンパー
2穴ピストン・オイル=ヨコモ350番
スプリング=田宮ハード・スプリングテンション 2mm
車高=5mm
リバウンド=1mm
リヤダンパー
ステー取り付け位置=内側から3個目
サスアーム取り付け位置=2穴側の内側
フッ素コートTRFダンパー
1穴ピストン・オイル=ヨコモ350番
スプリング=田宮ハード・スプリングテンション 3mm
車高=5mm
リバウンド=2mm
フロントスタビ
ハード
リヤスタビ
ハード
フロントキャンバー
ネガティブ0.5度
リヤキャンバー
ネガティブ0.5度
フロントトー角
0.5度トーアウト
リヤトー角
3度トーイン

前後アッパーアーム取り付け位置は…
フロントはシャーシ側=バルクヘッドもっとも内側、高さ調整2mmスペーサ
Cハブ側=キングピン同軸
リヤはシャーシ側=バルクヘッドもっとも内側、高さ調整スペーサ無し
アップライト側=中央、高さ調整スペーサ2mm
(ショートリバーシブルサス使用)


Comments are closed.