パンヤとキーボードの相性

ええ、もうサービス開始当初からPangYa好きですw
でも、シルビアキャノン実装以前からやってますが シニア以上に行ったキャラはいないですね、ちょこちょこ作り直しているので…。

さて、パンヤの特徴の一つとしてキーボード、マウス以外の操作を受け付けないと言うのがあります。
ゲームパッドの使用は出来ないのでマウス、キーボードの使いやすさが正確さの鍵です。

「キーボードなんてどれも同じでは?」と、思う方も居るかも知れませんが、メンブレンとパンタグラフではかなり違いますし、文字は打ちやすいメカニカルキーボードもゲームには不向きです。

また、分解能の違いも影響しますし、アプリケーションボタンのついているキーボードでは予想外の問題が出ることも。

例えば、マイクロソフトのコンフォートカーブキーボード2000。
このキーボード、普通に文字を打ったりweb巡回にはなんの不自由もなく、むしろ使いやすいのですが、パンヤには向きません。
何故か、上、下、下、とトマバックのコマンドを入れても上、の長押しと認識されてしまうことが多いのです(汗)
短時間のコマンド入力では押して居るキーが変わったことを認識しないみたいなんですね 。

で、私個人的にお奨めメーカーはロジクールです。
廉価モデルでは少々作りが甘い部分もありますが、ゲーミングマウスを発売しているメーカーだけあって非常に素直に入力に応答してくれます。
私の使用しているのは結構古いですがロジクールクラシックキーボード200、というモデルで、ローグレードですが非常にレスポンスが良いのでお気に入りです。

個人の好みもありますので、絶対にこれ!と言い切れるものはありませんが、パンヤに限って言うなら上記のような問題を抱えているキーボードがあることも知っておくとキーボード選びの参考になると思いますヨ!

This entry was posted in ゲーム and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL