アルミCハブ

今日はFF03さんです。

FF03

スクエア製のアルミキャスターブロック(Cハブ)、キャスター10度、キャンバー3度を装着。

スクエア アルミCハブ

タミヤレギュ下でしか走れないFF03に社外パーツ組むの?と言われそうですが、私のテーマはFFマシンの可能性の追求ですから!
まぁ、こっちの地域だとJOYBOXさんのレースもあるしw

この変更によってコーナー初期では若干ダルな動きになるものの、コーナー後半のトレース力が増し、パワーを入れながらのライン取りの自由度が増して結果的に脱出速度も高められる…はず、です。
実はまだ走行テストしてないんですよね(^^;

しかしこのスクエアのCハブ、キャスターは分かるとしてキャンバー?と思いましたが、ノーマルCハブでキャンバー0になる様にアッパーアーム長を調整したとき、このパーツに交換すると3度のキャンバーが付くという意味のようです。
アッパーアーム長次第でキャンバーは自由にいじれるもんねえ。
だからキャンバー0にすることも当然可能。
ただし、トレッドは若干広くなりますね。

ああ、走りたいなあ…

This entry was posted in ラジコン and tagged , . Bookmark the permalink.

4 Responses to アルミCハブ

  1. らきらび says:

    自分もよくとこや3のレースでCハブ折りまくりなので、アルミCハブ入れたいなぁとは思うのですが。
    なぜタミヤさんは出さないんでしょう?(^_^)

  2. SUMIYA says:

    > らきらびさん
    アップライトはアルミで出たような気がしますけどCハブは純正は無かったでしたっけ(^^;
    アルミ好きな田宮さんにしては意外ですねぇ…

  3. アックン says:

    スクエアのはおそらく自社製ドリフトコンバ向けにわざとキャンバー付きで出しているかも?

    自分もここ久しくラジコンしてなくてちょっと…

  4. SUMIYA says:

    > アックンさん
    広告でもドリフトに最適な~、とか書いてましたから多分そうでしょうね(^^;
    通常走行でも問題は無いと思いますが…

    そちらはまだゆっくりラジコンできる状況ではないですよね、早く落ち着くことを祈ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL