タミヤTA06…

出てきましたねぇ…タミヤTA06-PRO…

TAMIYA TA06

なんと言うか…TA05のIFSでも重心位置が後ろ過ぎてバンパーにウェイト積んでたのに、さらに後方に重心が来てるっぽいのはどう言う事なのだろう(汗)

TAMIYA TA06

そして、フロント駆動ベルトが2本…スパー同軸のプーリーからフロント駆動ベルトをサイドに通してフロントアクスル直前でセンターに架け替え。
なんだかGP1/8レーシングみたいなw

でも、どうやらリヤはギヤ駆動らしい。
パッと見リヤの駆動系はクローズされてるし、何よりリヤのボールデフの歯数が52Tということからプーリーと考えるには大きすぎる、ギヤであると考えないとこの大きさはありえない。
それにプーリーなら前後異径にする意味もないし!
フロントがベルトでリヤの駆動系がギヤなんてホントHPIの初代RS-4以来だよなぁ(^^;

私なりの結論としてブラシレスでパワーをガンガン掛けても滑らない、壊れないこととしてリヤがギヤ駆動になったのだと判断してみた。
でも、逆に言えば540制限トカ、パワーが限られるレースなら従来の05の方が駆動効率面で有利かなー、と。

TA05の方もギヤデフアッセンブリーが発売されるみたいだし、私は当面05で行くかなぁ(汗)

This entry was posted in ラジコン. Bookmark the permalink.

2 Responses to タミヤTA06…

  1. アックン says:

    どうも201やFF03系のギヤ流用と言う声が聞こえます。デフのみ新造?

    アウトボードも対応とありますが、何故これをハナからそれで出さなかったのだろうかと・・・

    見てると壊れ安そうな複雑さ、メンテ性も今一つそうと、すぐには買う気になれない車ですね・・・

  2. SUMIYA says:

    > アックンさん
    ベルトとギヤの組み合わせは面白いと言えば面白いのですが、
    効率面では疑問は残りますね。
    それにバッテリー脱着がシャーシ裏からとか、バッテリーカバーがネジ止め式だと言う噂も…
    事実だとするとすごい面倒(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL