猫のしつけで思うこと

まあ、長いこと猫を飼っていると色々わかってくるわけで。

猫を甘えさせたり、遊ばせたり、餌をやったり、世話をしたり、叱ったり。
これは一人の人間が一貫してやらなくてはいけないんですよ。
ペットと遊びたいだけ、という人はしつけられない、飼わない方が良いです。

いつも遊んでくれる、世話をしてくれる人が怒るから、猫は悪いことをしたんだと認識します。
遊んでくれる人と怒る人が別だと、猫は怒る人を「ただ怖い人」「理不尽な人」と認識し、悪いことをしたと自覚を持ちません。
飴と鞭と言いますが、2つを持っているのは同じ人でないといけません。

 

人間でも、同じじゃないかな?とも時々思うんですよ。
叱り役だけ引き受けて私は憎まれ役でいい、と言う人も居ますがそれじゃあ何も変わらないんです。

甘やかすだけ甘やかして叱るのはかわいそう、では保護者としては失格です。

This entry was posted in ペット and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL