TA06のウワサ

発売されましたね…タミヤTA06。
私の周りでも数名購入した、試走した、と言う方がいるのですが、評価はおおむね高いようです。
写真を見て私が思っていたのは剛性は高そうだけど駆動効率面ではTA05に勝てないだろう、ハイパワーなブラシレス&リポ向きでは?と言うイメージだったのですが、意外や意外540などのアンダーパワーでの走行でも熟成されたTA05並みのタイムを叩き出していると言う事実。
しかもそれでいてTA05より扱いやすいらしい。

うーむ、思いのほか駆動ロスも低い?駆動ロスを差し引いても総合バランスのよさが扱いやすさに繋がっている?

しばらくはTA05で行くつもりでしたが、ちょっとTA06にも興味が出てきました。

This entry was posted in ラジコン. Bookmark the permalink.

4 Responses to TA06のウワサ

  1. AKIO says:

    角Li-Feも問題なく載るそうです
    ワタシはシャフト派ですが
    これは考えた方がいいかなって思ってます。

  2. SUMIYA says:

    > AKIOさん
    いいですよね~TA06
    次期スタンダードの予感…

  3. アックン says:

    タミグラ復帰して、現場でも見かけるようになりましたが、多くが素組でも楽に走るとか・・・

    でもリヤで不へたどり着くのに計18本のビスを緩めると言うのが馴染めないですね。

    あと、一番の決め手で、ボディ穴位置の都合もありOPでリヤカーボンダンパーステーが出ない限り買いません

  4. SUMIYA says:

    > アックンさん
    デフへのアクセスが面倒なのはギヤデフを前提としているからでしょうかね、
    バッテリーもリポ、リフェを乗せっぱなしの前提のようですし…

    メンテフリーで速いのは文句は無いですけど、ちょっとずるい気もします(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL