プレステ昔話。

プレステ3では苦戦を強いられているソニーですが、
プレステの生い立ちを知る人は今どれくらい居るので
しょうね。

そもそも事の発端は十数年前、セガのメガCDとNECの
PCエンジンCD-ROM2に押されていた任天堂が、
スーパーファミコン用CDドライブを開発するため
ソニーに技術協力を求めたのが始まり。
そのコードネームはそのまま「プレイステーション」
もう少しで完成、という所まで行きつつもソニー側が
「CDドライブのみでもゲームができるようにしてくれ」と
言い出した。
それではスーパーファミコンのCDドライブの意味が
なくなってしまう。そして決裂。

ソニーは独自のゲーム機としてプレイステーションを
売り出した。

その後、任天堂ハードはN64、ゲームキューブと迷走する
ことになるが、現在はWiiとDSですっかり元気を取り戻して
いるのは周知の通り。

逆にソニーが苦戦を強いられているわけであります。

まあセガは…触れないでおきましょう(^-^;
海外では結構シェアがあったんですけどね。

This entry was posted in 日記・つぶやき and tagged , . Bookmark the permalink.

2 Responses to プレステ昔話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL