謝罪と補足

数日前のツイートなのですが、おそらく多くの方が不快感を抱かれたと思いますので謝罪と補足をさせていただきます。

原文

児ポの影響で上から創作に制限を掛けられるのは嫌だけど、創作サイドも売るためだけに躊躇無く直球エロを織り込むのはどうかと思う。一部にしか分からない話になるけどteamのうてんきの「スケベマウント」、模型誌に載ったその文字と写真だけで名前の由来を理解できる小学生とか居たらやっぱり嫌。

丁度RCをさわっていたところだったので、teamのうてんきの名前、スケベマウントの名称を使わせて頂きましたが、teamのうてんきやこの名称を表記した当時の模型誌の編集の皆さんを非難するつもりは一切ありません。
ツイッターのその後のつぶやきで補足をさせていただきましたが、一部分のみを取り出した場合に誤解を招く危険があることに配慮が欠けておりましたことを深くお詫び申し上げます。

 

…と、以降通常モード。
ツイッターは字数制限があるもんでね、長文を分割で書くには向いていないなあとは思いましたよ(^^;

そしてこの際取り上げさせていただきましたスケベマウントとは、teamのうてんきが開発したRC耐久レース用クイックバッテリーチェンジャーです。
7.2Vストレートパックがピッタリ収まる楕円チューブ形状のバッテリーマウントの片側の口に、2本のゴムを掛けて固定するシンプルなシステムで、異様にバッテリーチェンジが早く、しかもガタが少ない。
なぜ、「スケベ」マウントなのかというと…ゴム紐2本のスキマに指を差し入れて押し広げ、開いたスキマにバッテリーを挿入…

ってここまで書けば今時の進んでる子らはわかっちゃうんだろうなあ、と。
いや、当時小学生だった私は恥ずかしながら全然分かりませんでしたよ。
まあ、その、「くぱぁ」です。

正直、上手いオートゾーニングの手法だと思いましたよ。
分かる人は「ニヤリ」として分からない人は「なんでスケベって名前なの?」で終わる。

今思えばもっと国民的に有名なこちらの方を挙げるべきだったかもしれません。
ドラゴンクエスト1のローラ姫を連れて宿屋に行ったときの店主の台詞。

「おはようございます ゆうべはおたのしみでしたね」

分かる人には分かるし分からない人にはわからない。
そして本質が分かっても分からなくてもどっちも間違いじゃないし正解とも言い切れない。

昔の人はホントこう言うお遊びが好きだったよね。

で、話を戻して最近の子供たちですよ。
アダルトネタって、昔はマセガキっていったってネタとして扱ってるだけで本質的に知ってるわけじゃなかった。
けど最近の子供たちはずっと先に進んでいる。
時代と共に変化していく常識はあるけど、ちょっとこの手の話題がオープンになりすぎてる気がするんです。
なんてか、そこまで教えたんなら快楽とか、感染症の危険とかそこで終わらないで生命倫理まで教えてあげて欲しいと思う。

 

……あやや、また脱線してしまった(汗)
まとめまとめ。

最後に一言、あくまで個人的見解であり意見の一つであることはご理解お願いします。

-見比べてドラゴンボールの亀仙人のじっちゃんがウブに見えてしまう小学生ってやっぱりなんか嫌-

This entry was posted in 日記・つぶやき. Bookmark the permalink.

2 Responses to 謝罪と補足

  1. いで says:

    あーその、「の」残党です(^^;)
    発言はリツイートさせていただきましたが、
    不快感とかは微塵もありませんので念のため。
    久しぶりに「スケベマウント」という言葉を目にしてうれしかったのと、
    ご意見が自分と同じ方向性だったのでご紹介させていただいただけです。

    どうか、お気を悪くなされませんように…

  2. SUMIYA says:

    > イデさん
    いえいえ、誰でも見れるものですし、不快だと思う人は居ると思いましたし。
    自分の言いたいことが上手く伝わった上で否定されるのならそれもアリとは思っていたのですが誤解による衝突は避けたかったので…

    今時のことも達に偏見が有るのでは?と言う意見は有ると思いましたが
    こちらに触れている方は特にいないようですね。

    昔の子供のように生きろと強制は出来ません、でも子供にしか出来ないことがたくさんある。
    情報を多く知っているのがえらい・・じゃなくてせっかくの少年少女時代、もっと楽しんで欲しいなあってネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL