ぎりちょん

フロントハーフスポイラーを取り付けたところ・・・

KIMG0253

車止めぎりぎりに(^^;

KIMG0251

6ミリくらいしか空いてませんでした(汗)

Posted in クルマ | Tagged | Leave a comment

バイク用品店あれこれ

車も乗るしバイクも乗るよ!っていう人には知ってて当然かもしれませんが、
車だけ、の方はあまり縁がないと思われるバイク用品店。
実は自動車用品店にもホームセンターにもない自動車部品が置いてあったりします。

まず、スパークプラグ

自動車用品店より幅広い熱価のが揃っていたりします。型番をよく見ると4輪用と同じものがあったりするんですよね。

ホース類

エア用から耐油、耐ガソリン、径も豊富でフィルタやホースバンド類も揃っています。

クリップナット

内装パネルやフェンダー固定に使われるクリップナット、意外にも自動車用品店には売ってません。

スペーサー、ブッシュ

ホームセンターの円筒状にプレスしただけのスペーサーでは強度が足りない。かといってワッシャを重ねるのも・・・と言うとき長さも内径も様々なアルミ削り出しスペーサーを売っています。精度も強度も見た目も抜群!

インタークーラー固定などに使う防振ブッシュもしっかりあります。

番外として汎用ヘッドライトなんかは車種によってはフォグに転用できるかも?

と、暇な時にでも覗いてみると意外な発見あるかも?です!

Posted in クルマ | Tagged | Leave a comment

強化ブッシュのお話

エンジン載せ替えるんならせっかくだから強化ブッシュを組みたいよね~
と発注したモンスターの旧規格用強化ブッシュセット。
車の下に潜れば簡単に取り出せる左のブッシュとリヤ駆動アウトプット部分のブッシュぐらいすぐ換えられるかな~と思ったのがまずかった。
説明書にはちゃんと「このパーツの組み付けにはプレス機と治具が必要です」って書いてあるのに、プーラーとの組み合わせで何とかなるんじゃないかと作業に取り掛かり数時間・・・。
古いブッシュは何とか抜けたものの強化ブッシュを打ち込み始めてまた数時間。
最初は割とするっと入って、「行けるかな?」と思ったものの押し込量が増えるにしたがって徐々にきつくなり・・・

最終的には

KIMG0221

プーラーの爪が食い込んでボロボロに(^^;

KIMG0222

幸い垂直は出ているのとゴム部分に破損がないので、変形部分を修正した上でプレスと治具を使えばリカバリできそうですが。。

樹脂ブッシュやゴムブッシュは施工者の力量次第で一般工具で行ける場合もありますが、金属外輪付きのブッシュは工場でプレス機を借りるなりした方が無難である。

と痛感した次第であります(^^;

Posted in クルマ | Tagged , | Leave a comment

自動車用LEDランプの考察

LED、ほんの十数年前までは照明に使えるようになるなんて想像もできないほど暗い物でした。
ニュースにもなった青色LEDはもちろん様々な色の高輝度LEDが溢れかえるようになってまだ数年。
基本的に直流電源で駆動するため元から直流電源の存在する自動車に使われ始めるのに時間は掛かりませんでした。

p1

そこで私が今まで経験したこと、感じたことをちょこっと書き出してみようと思います。

1.明るさはW数に比例しない
消費電力よりも素子の数と配置(要するに発光面積)による変化が大きいようです。
電球交換型のLEDの場合、元の電球が大きいほうが発光面積が稼げるため明るくできるようです。
この為前照灯の中では小さなH3型は明るさでは不利ですし、ターンシグナルにT10やT13を使用する場合も視認性が不足しがちです。

2.日光下での視認性が低い
クリアレンズのテールランプやターンシグナルでは結構大事な問題です。
リフレクター形状に視認性が左右されがちなのも特徴ですね。

そして忘れてはいけないのが

3.切れるときは切れる
電球と同じで純正品であれ社外品であれ切れるときは切れます。
ノーメンテナンスにはなりません。
全体が不点灯になるときもあれば、部分的に消えてしまうことも。
LED自体が短絡してしまうこともあります。この場合LEDが接続されている回路のヒューズが切れてしまいます。

オールLED化にこだわらず、電球も、適材適所で使っていくのがLEDとの賢い付き合い方なのかもしれません。

Posted in クルマ | Tagged , | Leave a comment

もげた

はい、アルトワークスの右アームレストです。

右アームレスト

ホットボンドで補強しながら騙し騙し使っていたのですが、材質自体が枯れ木のように脆くなっていて治すそばから壊れていく状態です。
幸いメーカーにパーツはあるようなのですが、他の樹脂パーツもそろそろ心配ですね(^^;

Posted in クルマ | Tagged | Leave a comment

あけまして!

おめでとうございます!

数ヶ月ぶりに絵を描きましたw

年賀状

時間がなかったりでご無沙汰でしたがやっぱり絵を描くのは楽しいですね♪

Posted in イラスト | Tagged | 2 Comments

プロポの電池をLipo化する。

と、言うコトで今回はG☆STYLEさんのG-POWERプロポ用バッテリーを購入してみました。

KIMG0126

むむ、ラベルが光っちゃって見えないか…
商品説明によるとLIPO2セルでM12、EXZES-Zに適合とのコト。

うちのは古いEXZES-PLUSなんですが装着は可能です。

正し、この年代のプロポの電池ケースコネクタは旧サンワコネクタであり、うっかりそのまま差し込むとヒューズが吹っ飛びます。
Zコネクタ変換ケーブルを使うか、コネクタピンの差し換えが必要になります。
(コネクタピン差し替えは充電時の逆接が怖いので変換ケーブルがお勧め)。

KIMG0139

フル充電でも電圧は8.2Vほど。
この電圧だと、このプロポでは電圧降下アラートが定期的に鳴ります。
スピーカーコードを切断する意外に解除方法がないのでこれは我慢するしか…。

7.8Vまで下がるとオートオフしちゃいますが、過放電も怖いですしね(汗)。

Posted in ラジコン | Tagged | Leave a comment

アリスでラジコン

仕事が有ったりーの、天候悪かったりーの体調悪かったりーのでここ数か月ご無沙汰だったアリスRCへ行ってきました。

アリスホビーサーキット

店舗向かいの駐車場が閉鎖されてコース西にも駐車場ができたので少し狭くなっちゃいました。
駐車場マナーの悪いお客さんが居て近隣住民からクレームがあったとかで残念。

KIMG0113

この、なんか10年近く変わらない装備なんですよね(^^;
ブラシレスとリポになっただけで・・・

脳内セットではTA05はフロントダンパー100番鉱物系ダンパーオイルの黄色バネ、リヤは同じく100番オイルの青色バネで組んでいたのですが、路面温度が上がりグリップが上がったのと、ライト用リフレクタと補強剤で重いGTRボディが仇となってコーナー侵入ではフロントシャーシを擦ってアンダー、コーナー脱出ではリヤの腰砕けでプッシュアンダー、といけてません。
取り敢えずリヤバネを灰色にフロントを青色にすることでバランスが取れました。
途中ちょっとトラブルがあって、TRFのX断面ダンパーオイルシールの左リヤがダダ漏れに・・・
このパーツ、新品時の密閉性は高いのですが耐久性の面では丸断面の普通のオイルシールの方が良いみたいです。

奥にあるFF03の方はダンパーオイルはTA05と同じく100番の鉱物系オイル、
バネはショートの青をフロントに、ショート黄色をリヤに。
こちらは車重が軽くストロークが小さいのでショートバネの方が相性が良い感じです。
タイヤが温まるまで我慢、はFFRCの宿命でしょうか、温まってしまえば四駆のような気難しさがなくてガンガンスロットルを開けていけるんですが(^^;

ただ、平日とあって他のお客さんが少ないので競り合いは楽しめないのが寂しいです。

あ、でも今日はちょっといい話があって、操縦台の上に落ちていた煙草の吸殻を自主的に掃除してる人が居たんですよ、Mシャシーを走らせて居られた方々かな。
もちろん捨てた人がいるのが問題なんですが、最近は自分が捨てたものじゃないのになぜ片づけなきゃいけないのか、って言って見て見ぬふりの人も多いんです。
これは私も見習わなければ!

Posted in ラジコン | Tagged , , | Leave a comment

思えば遠くに来たもので

20万キロ走破しました(^^;

20万キロ

20万キロ

 

Posted in クルマ | Tagged | Leave a comment

今度はオルタネータかい…

前回のバッテリー上がりに続いて、今度はオルタネータの故障で1週間ほど入院していた我が家のアルトワークスです(^^;

エンジン熱でオルタの制御基板が剥離するという珍しい?トラブルで、結局アッセンブリ交換、5万弱飛びました(汗)。

ってオルタの交換は私のもとに来てから2回目なんですが、この頃の軽自動車はエンジンルーム内が狭く熱がこもりやすいようです。
前回のバッテリー突然死もこの辺に原因がある模様。

で、取り敢えず応急熱対策。

ボンネットをリフト

15ミリアルミスペーサーと純正より15ミリ長いボルトを調達し、ボンネットとヒンジの間にスペーサーを挟んでボンネット後端から熱が抜けるようにしておきました(パーツはバイク屋の2りんかんとかによく売ってます)。
停車時の発熱は仕方ありませんが走行風や電動ファンの効率を高められ、温度の低下を早められます。

街道レーサーっぽくなってしまうのは本意ではないんですが熱対策に背に腹は代えられません。
(昔はカーボンボンネット付けてましたがw)

Posted in クルマ | Tagged , | Leave a comment